ぱぱぱや*おかたづけマガジン暮らしとおかたづけ>メールマガジン

 

メールマガジン

奥様雑誌で収納の達人のワザなんかを読むと、
「よし!」と俄然ヤル気になり、
猛然と片付けだすも、熱がさめると元の木阿弥。
次の特集まで、2〜3ヶ月あるから、なかなか持続しない。
定期的に「どお?やってる?」と声をかけてもらえたらなあ・・・」と
“自分が”思っていたところで、メールマガジンなるツールを知り、
よしよし、じゃあ、自分でやっちゃえ〜〜と発行したのでした。

世の中には、同じ悩みを持っている人がいるもので、
大した宣伝もしないのに、発行半年で読者2000人にせまる勢い。
BBSにも、常連さんがいらっしゃり、「ぱぱぱや*おかたづけ部」
毎日、愚痴ったり、励ましあったり、報告したり、にぎわっております。
(2017年現在、BBSはありません)

『ぽぽいがこのメルマガを書いているのも、
別にアイデアを披露しようとか、
ぴかぴかの部屋を自慢しようとかいうんじゃなくて(^o^;)
普段の暮らしの中で、 お片づけに煩わされたり、悩んだりせずに、
ちゃっちゃと済ませちゃって、 好きなことをしましょうよ〜というお誘い?です。

暮らしのリズムや、カラダの動き方なんかが「お片付けモード」になれば、
日々たまっていた「ここにあってはいけないもの」も、減っていくはず。
お片づけの基本「元の戻す」って、ホンの何秒かなんですもの。
お片付けモードになるまでの間、ちょっとがんばってみましょうよ。
ぽぽいが応援してまーす。』

発行3ヶ月目のメルマガに書いた文です。
今読み返しても、そうそう! これに尽きるなあ。。。と思います。

無事一年発行し、2年目冒頭のの文。

『女性、とりわけ主婦にとって、家事全般ができることは「当たり前」
まして、「お片づけが苦手・・」というのはトンデモナイという世間の目。
同居の家族はもちろん、義父母・親戚・友人、
周りのいろんな人の冷たい 視線にさらされ、
それでも代わりにやってくれる人もなく、
毎日申し訳な い思いで暮らしているー
家庭は、本当は自分にとっても、ほっとする場で あるはずなのに、
その場所を維持するのに汲々としているなんて・・
なので、「よし!というやる気と元気をお届けしよう」と思いました。

結局、お片づけは、毎日の家事なんです。
毎日毎日、やる気満々なんてことはありえないもの。
お片づけにとりかかるのに、うんとエネルギーが要るんじゃ、続きません。
ちょいちょいってできること、ちょっと考えてみること
、いつものくせを 見直すこと、いいクセをつけること、工夫すること。
なにより、おくさんが、おかあさんが、毎日ごきげんに過ごせること。
私自身は、家中ぴっかぴかにはできないけれど、
なぜか毎日ご機嫌なので、 ぽぽいだんなは
「それがイチバンかぁ・・・」と思っているらしいです〜

一年書いてみて、私自身もずいぶん考え方が整理されました。
「何が大事か」見えてきたというか・・
自分のライフスタイルを確立する きっかけになりました。』

最初は毎週発行していました。
が、家の中のおかたづけなんて、ネタはすぐ尽きる。
手を変え品を変えてみても、家中を一周したら、また「玄関のおかたづけ」
うーん、ネタが尽きたら終わろうかな・・・なんて思いながらの発行でした。
が、書き続けているうちに、視点がいろいろ広がってきて、
身の回りを整えることは、すなわち、生き方と非常に深くリンクしていて、
シンプルに暮らすことは、シンプルに生きること、
これは、私ー私たち夫婦の目指す生き方といえるのではないか?
などと 思い始めたのでした。

とはいえ、2周年を迎え、夏が過ぎると、本業の多忙が続き、発行が途絶え
発行スタンドさんから「どうしましたか?」」と催促されたりしています。
ここらで初心に帰り、暮らし方の模索・・・をベースにすえたメールマガジンを
発行していきたいな〜と思っています。