ぱぱぱや*おかたづけマガジン暮らしとおかたづけ>収納とおかたづけ

 

収納とおかたづけ

整理と整頓はちがう・・・そうです。
   整頓は、ただ秩序を整えること。
   整理は、次に使う時のことも考えて再配置すること。

お片づけと収納も違う、と思います。

このメルマガを「収納〜〜」としなかったのは、
しまいこむことが、すっきりすることなの?と思ったからです。
今あふれているモノをなんとかしたいと、収納家具を買えば、
中に入れるモノも器につれて増える〜モノと器の比率は変わらない。
モノを減らし、今ある収納スペースを活かすこと、
その方が、 先がある暮らし方なのではないだろうか?

奥様雑誌の特集のトーンも変わってきて、最初は
  “今のモノをいかにおさめるか”
収納のアイデアや達人のテクニック、お役立ち家具などなど。

「捨てられないのよねえ〜」
「捨てるなんてトンデモナイ!」
という考え方にのっとったページつくりでした。

一昨年、ジャーナリストの辰巳渚さんが「捨てる!技術」を 書いたあたりから、
変わったような気がします。
「捨てても・・・いいの?いいんだ〜」
辰巳さんは、モノを粗末にしろといっているんじゃない、
今もっているモノをいかすこと、それが結局モノを大事にすること。
ただ、今の量はきっとあなたの手に余る。
一度リセットしては?
こんな提案は、漠然とぽぽいも同じように考えていたので、
すんなり入ってきました。

そう、収納以前に、モノとのつき合い方を見直すことだし、
そのへんを見栄えよく、ささっとかたづけることに、
トンカチも テクニックもいらないさあ〜

かくして、メールマガジンは「おかたづけマガジン」になり、
このサイトも同じ名前にしたのでした。ドメインも・・・

サイト・メルマガ・そしてぽぽいが目指すのは、
  『死んだものをもたない暮らし』

必要最低限のモノたちが、それぞれに充分働いて、
お役目のないときは、納まるべきところに納まっている。
使われる当てのないモノに家賃を払い、
帰るところのないモノにいらいらし、
探しモノにエネルギーと時間を使い、ーー
そんな日々とおさらばしたい。ぽぽいの願い。