ぱぱぱや*おかたづけマガジン暮らしとおかたづけ>場のエネルギー

 

場のエネルギー

この夏より、車で田舎を回る営業を始めたぽぽいだんなですが、
先日、久しぶりに会った知人(私よりかなり年配の方)にそれを話すと
「いいわね、田舎は、いい気が満ちている所だから、身体もよくなるわよ」
と言われました。
おお、そうかあ〜

わたしは、作家でエッセイストの田口ランディさんのファンですが、
ランディさんも神社めぐりがご趣味のようで、
屋久島に行ったお話などをよく書いておられます。
その土地に満ちているエネルギーの力、 あなどれないようです。

ひるがえって、家ーというものを考えると、
「巣」としての機能はもちろん、 家族が家族として共に、
あるいは家族の一人一人としても長い時間を 過ごす場であることを考えれば、
その空間をよりよい状態に保つことは、
単に「きれいにしておく」以上の意味があるわけです。

場のエネルギーの質に関わってくる。

まあ、霊的な意味合いまでいかなくとも、ちらかっていれば、
その場にいる人はイライラするわけで、
場の空気は良いとはいえない。
いつもそんな空気の場では過ごしたくないと思う。
それがずっと続けば、家族関係にも体調にも影響は出るでしょう。

お片づけする時に
「自分は、この場のエネルギーをキレイにするんだ!」と思いつつ、
巫女さんのような気分で(コスチュームで?)取り組んでみる・・・
自分の行っている行動に意味を見出すことで、
パワーが注がれてくることもある(お片づけのカミサマも降りてくる??)
年末の大掃除というのは、ほおっておいたら、
なかなかお掃除に取り組めない人もソノ気になる機会ですが
やっつけ仕事にせず、少しでも、いつもの掃除よりも手の込んだことをやってみる。
お片づけも「目の前からどけるだけ」じゃなくて、その状態をキープするのがラクにできるレベルまで、がんばってみる。
モノの処分にしても、新年を迎えるという「キモチの後押し」を上手に利用する。
来たる新しい年を、はたまた、その後の5年を10年をどんな風に生きていくのか、
それを考えるのは年末年始しかない。

たぶん、その意味でも年末の大掃除は「神事」だったんだろうと思います。

メールマガジンを出し始めて半年くらいの頃、ものすごい本を読みました。
『ガラクタを捨てれば自分が見える』
英国人女性風水師カレン・キングストンさんの本ですが、
副題が「風水整理術入門」、
英語で言うと「スペースクリアリング」
建物のエネルギー浄化を長年研究してきたカレンさんの
世界的ベストセラーだそうですが、
読んだ時のぽぽいの衝撃といったら!
片付いていない我が家の押入れが真っ黒に見えたほどでした。

そう、片付いていない空間は気がよどみ、パワーが弱まり、
そこにいるひとからエネルギーと運気を奪う・・・・
ぽぽいだんなにモンク言われるより効果的なその主張。。。
あんまり私が熱心に読んでいるものだから
(そして、猛然とゴミを捨て始めたので)
ぽぽいだんなも読んでみたー
だんなも鬼のようにそれまでためていたガラクタを捨て始め〜〜〜
その結果が脱サラ・お引越し。
でも、やりたいことが見つからず、
うつうつと会社勤めをしていた頃からみると、
顔の輝きが違うんですよねー
本当に、ガラクタを捨てることで再び気が流れ始め、
まっさらになったわが家に運気を呼び込んだ〜といった感じなのです。

たかが、おかたづけ??に悩み、
ぽぽいのメルマガを読んだりしているみなさんは、
おそらく、ぱぁ〜〜〜っと明るい暮らしをしていないのではないだろうか?
目の前のガラクタに働きかけることで、
まず場の空気を変えてみては?。
そんな提案をしたいと思いまーす。