ぱぱぱや*おかたづけマガジンおかたづけの魔法>れっつ*小かたづけ

れっつ*小かたづけ


くせにしてしまえば、ものの三分でできる小ワザ集です。
この積み重ねで、あーらフシギ♪
いつのまにか、周りがすっきりしていくはず。

緊急時に、やる気のないときに、時間のない時に。

まっすぐにする。---------------------------- 床をみせる--------------------------------
曲がっているものを直します。
壁のカレンダー、玄関の靴、居間のテーブル。
整えるだけなのに、心理効果抜群。
応用はー倒れているものを起こす、
裏返っているものを戻す、などなど。
食卓の新聞・チラシ・DM・学校のプリント
とんとんとハジをそろえておく。
浅いカゴなんかに入れれば、もっとおしゃれ。
玄関のくつ、寝室の脱いだ服、CD、雑誌
とおりがかりに、とんとんとそろえれば、
片付いたわけではないけど、見た目はOK。
全員集合---------------------------- 器に凝る-----------------------------
その辺の、同じ種類のモノを集めて回ります。
紙・文具・布・本・おもちゃ・ゴミ
玄関のモノ・キッチンのモノ・子供のモノ
なんで、ハサミが4本も・・・・
使うのなら、再配置。
こんなにいらないなら、要検討。
おかたづけが面倒なのは
  いる?いらない?どこに?
と考えなくてはいけないから。
今日は、考えない!と思う日は
そのへんのモノをまとめてカゴにぽん!
ちょっとおしゃれな大き目のカゴ、
キレイな包装紙を張った箱・・・
どうせなら器に凝る。
手ぶらを禁ズ。---------------------------- はじをそろえる----------------------------
靴下は2階の寝室、プリントは子供部屋
あ、便座カバーも替えなきゃ。新聞はTVの横。
そのたびに、行ったり来たり。
時間と労力の無駄ははぶきましょう。
  ぽいぽいぽい、
階段に、居間の入口のソファにちょい置き。
そして、2階に行くときに、トイレに行くついでに
拾って持っていく。
「うちは片付いてない」と感じる目安、
   「床が見えている面積」
脱いだ服、おもちゃ、読みかけの雑誌、買い物袋
だーっと部屋の隅に押すだけで、ちょっとはマシ
でも、こればかり繰り返していると、
収集がつかなくなるのでご用心。
邪魔者はダレだ?-------------------------- 迷子ポスト--------------------------------
扉の前・タナの前のスペース・箱のフタの上
つい、モノをおきがちなところです。
何かを取り出す時は、必要なのでどけるけど
しまう時にはジャマなだけ。
元の場所に戻すのが億劫になる要因です。
しまう時こそ、ワンアクションにすべし!
そのへんにちらばっているモノたち
元の住所に、いちいち戻してらんないワ。
「迷子ポスト」を用意しましょう〜箱かカゴ。
   くつした〜脱衣所町洗濯機3丁目行き
   レシート〜リビング町家計ボ5月行き
   チラシ〜勝手口町古新聞フクロ行き
1日1回、配達して回りましょう。
お立ちください---------------------------- まとめたがりは吉--------------------------
本でもCDでも袋入りの食材でも、
立てられるものは立てましょう。
寝かせると場所を取るし、
重ねると探しにくく、ちらかりやすい。
お立ちいただくためのアイテム、
クリアフォルダ・ブックエンド・雑誌ケース etc. 
透明で名前がかけるものがベスト。
こんなサイトを作ってる書いてる私、
  「仕切り屋でまとめたがり」
世間で、これが吉か凶かはギモン、でも
  「同じ種類をまとめる」
  「違う種類は仕切る」
のは、お片づけには吉です。
全部出す--------------------------------- ながらおかたづけ---------------------------
お片づけの基本、第一歩は
「その部屋(場所)のモノを全部出すこと」
これをするには、かなりの気合が必要。
TVや雑誌の取材でもなければ、なかなか。。。。
家族かお友達と、休日のイベントとして、
バーベキューとセットでわいわいやるといいかも。
出す時には「要・不要・迷う」を分類し、
しまう時、要るモノを種類別に収納。
この2つは、いつも心がけましょう。
時間て、ないような気もしますが、けっこうある♪
テレビをぼおっと見る、お友達と長電話。
とりあえず手さえ動かせばできること
「ながら」お片付け、オススメです。
洗濯物をたたむ、道具を元に戻す、ほこりを拭く。
「ながら用かご」があるといいかも。

まほう