ぱぱぱや*おかたづけマガジンおかたづけ*すぽっと>玄関


   玄関
攻 略 法 /  ワンポイントアドバイス
くつ箱の上

「家の中がごちゃごちゃだから、お客さま呼べないわあ」
というおウチでも、玄関には人がやってきます。玄関はお家の顔。

今、何が乗っていますか?
くつ箱に入りきらない靴?傘?グローブとバット?幼稚園の帽子?
くつ箱に入らない靴は、数を減らすか別の保管場所を探しましょう。
帽子やジャンバーやスポーツ用具も、雨やほこりに汚れた時のために、
一時おきは必要ですが、あくまでも「一時的に置く」だけ。
しまえるようになったら、本来の場所へGO!

受け取りのための印鑑や、お出かけの時の時計や鍵を置く人もいますが
私はおすすめしません。お客さまだけお待たせする時もあるから、
大事なものは、居間のドアからすぐ手の届く所がベストの置き場所。

何もないくつ箱の上の空間!
ぜいたく〜
小さい額に入れたモダンアートでも、壁にたてかけましょうか?

くつ箱の上は、ついついモノを乗せたくなる所ですが、
スペースが小さい分、すぐかたづくし、キープもしやすいのです。
おかたづけ苦手さんの最初のトレーニングには最適です。
めざせ!すっきりキープ2週間!!


攻 略 法 /  ワンポイントアドバイス
くつ箱

器とモノの量の関係からいって、器<モノ ならば、モノはあふれます。
専用収納家具ならば、その関係は一目瞭然。
「入りきらない量は持たない」
とはいえ、家族数とつりあわないスペースのくつ箱も多々みかけます。
その場合は、靴も季節ごとに入れ替えます。
くつ箱以外の収納場所は、必ず一箇所に決め、
やはり「所有量の上限」を設けることです。(靴に限りませんが)

傷んできても修理して履くつもりで、
思い切って高い靴を買うテもあります。
価格が安いから、次々買ってしまうのかも。


攻 略 法 /  ワンポイントアドバイス
たたき
上がりかまち

基本的に、靴は全部くつ箱にしまえるのがベストです。
なので、“たたきに脱ぎっぱなし”なのは、サンダルくらいーのはず。
しまえないなら、せめて “整える”

傘・傘立て・靴べら・スリッパ・スリッパ立て。
防寒具やかっぱも壁にかけてありますが、
どうしてもたくさんかけてしまいがち。
比較的寒いので、果物の箱を置いたりしますが、
果物だけに、実(じつ)を取るか、見栄えをとるか・・・

なんといっても狭い空間です。
置いておくのは必要最低限のモノにしましょう。

すぽっと