ぱぱぱや*おかたづけマガジン おかたづけ*すぽっと>居間


   居間

攻 略 法 /  ワンポイントアドバイス
TVまわり

ぽぽいは、ビデオ録画をしたり、ビデオを買ったりしないので、
ビデオテープのおかたづけで困ったことないんです\^o^
でもね、ゲームはするし、ビデオデッキも一応あるので、
リモコンは、なにやらいっぱいあります・・
リモコンは、いつもそこらへんに出ています。
これは使用するシチュエーションを考えれば、仕方がない。
我が家のリモコンは、ラップでくるんでありますよ。
けっこう、手垢で汚れますから。
TV台のタナは、配線のために後ろが開いているので、
ホコリがたまっています。
ときどきお掃除しましょうね。
ビデオテープやゲームソフトは、形や大きさがそろっていますから、
揃えるだけでも、かたづいた気分になります。
とっさの録画用のテープ・今プレイ中のゲーム以外は、
なるべく他の収納場所を確保しましょう。
テープを処分する場合も、ケースは捨てず、
書類などの分類に再利用。

ガラス扉の中なので、ついつい飾り物もおきたくなりますが、
ここは機能重視、余分なものは置かないほうが賢明です。



攻 略 法 /  ワンポイントアドバイス
リビング
   ボード

なぜだかわかりませんが、
どんなに足の踏み場のないおうちでも、
ふとサイドボードの上に目をやると、 「ひつじの置物」があったりします。
後ろにあったはずの金屏風は、
今やサイドボードの裏側で埃をかぶって
いますけど・・ホコリをかぶってたり、倒れてたり、
掃除のジャマにされたり・・けっこう受難の置物たち。

壁に絵を飾る、家族の写真の入った写真立てを並べる、
季節の花をいける、子供の作品を吊るす ー
おしゃれで心地よい空間を演出したいのは、
誰もが持つささやかな願望でもあるのですが・・・

残念ながら、テーマ・テイストが統一されてるわけじゃないし、
ありったけ並べてしまいがちです。

何かを飾るという行為は、そのモノ単独で成り立つわけではありません。
壁の絵は、まわりの何もない空間で映えるのです。
ひつじの置物も、となりにキャットフードの空き缶なんかがあっては、
うらめしいだけかもしれない・・金屏風モヒロッテヨ・・
どうですか?
飾ってある小物は、輝いてますか?
どこか1ヶ所のスペースを、
わが家のディスプレイ空間と考えるのはいかが?
いっぺんに並べないで、毎月、お掃除も兼ねて入れ替える。
季節に合わせて、演出してもOK。
「今月はマー君の担当ね」も楽しい。
壁の絵、タペストリ、花も、テーマを統一。
あとの飾り物は、出番が来るまで、控えの箱へ。
まあ、すっきり!
旅先でお土産を買う〜お菓子や絵葉書に並んで、
キーホルダー・ゆのみ、キティちゃん温度計。
こちらは、熊の木彫りでしょ、東京タワーの置物が実家にあったなあ。
修学旅行でペナント買ったっけ・・・おっと。
これらのモノって、どこに飾るの?
ひとからいただいても悩むけど、
けっこう自分でも買ったりするのですよ、わはは〜

せっかくひとめぼれして買った「お気に入り」
ちゃんと飾って、毎日の元気をもらいましょ♪



攻 略 法 /  ワンポイントアドバイス
ソファ
テーブル

家中いたるところが乱れている状態は、
ひるがえって考えれば
“ちょっとでも片付けると、とっても目立つ”のです。
・・・・
「キミはいいよなあ、どこまでもプラス思考なんだなあ」という
カゲの声がきこえましたが・・・

すぐにできてわかりやすいのは、狭いスポットなんですが、
その他にも、片付いていないせいで
「いつもひと手間かかる場所」を攻略するというのは、どうでしょう?
たとえば、居間のソファ。
新聞や雑誌やおけいこの道具やぬいぐるみや鉛筆や、
いろんなものがひょい置きされる場所です。
そして、座ろうと思う人は、
いつも「モノをどけて」座るスペースを確保する。
片付いていると、そのひと手間のストレスがなくなるというわけです。
モノは、どこかにまとめるだけでいいんです。(最初はネ
)カバーを直し、クッションをぽんぽん、
ほんの3分。 

夜、寝室に行く前に、リビングをざーっと片付けてみましょう。
朝、目に入ってくる光景が違います。一日、気持ちいいですよ〜



攻 略 法 /  ワンポイントアドバイス
DM

毎日、ちゃあんと増えるもの、
それは生ゴミと新聞と紙類。
郵便物、学校のプリント、新聞チラシ、ファックス(着信)
おかしいなあ、PCって紙類を追放するんじゃなかったっけ??
毎日増えるものは、毎日の対処をくせにしないと、たまる一方。
郵便受けから手に取ったDM、どうしますか?
ためやすい人は、最終処分までの間に、
ブツが何度も手をはなれるのです。
ちょこっと置く、そのへんにつっこむ、開けては戻す。
見た瞬間に「いらない」って判断はついているものでも、です。
迷うとしても、一晩かけて家族会議をするほどのモノは
めったに ないでしょう。  

「その場で判断する」のは、一種の訓練です。
毎日何かの場面でやっていれば、できるようになります。
それにつれて、生き方もクリアになってきますよ。


攻 略 法 /  ワンポイントアドバイス
お金関係

一年のうちで、家計の〆日はいつですか?
お正月?年度替わりの3月?
家計簿をつけていない奥様も、だいたいの収支は把握すべし。
お給料が決まっているのですから、大きな買い物を除けば、
毎月の経費の平均値が出ます。
黒字ですか?がんばったのなら自分にも、
ちょっとしたクリスマスプレゼントを♪
もう記帳しないレシート、10年前のガス代の領収書、
6年前の払い終わったローンの計算書 etc.
処分しましょうね〜〜
領収書の保管は5年といわれてますが、
ま、人それぞれでしょう。
銀行のATMの控えなどは
通帳に記帳してしまえば不要。
年金手帳や保険証、各種保険の証書など、
大切な書類も一年に一度は確認を。
え?お宝が出るかもしれない?

どの書類も個人情報に気をつけて処分しましょう。



攻 略 法 /  ワンポイントアドバイス
紙類

何がムダといって、
「紙類の余白」ほど無駄なものはない。
電話番号ひとつのために、捨てられないB5の紙ー
なんとなく取ってある「年賀状の文章の下書き」ー
引き落としの済んだガス代の納品書。
手帳などに控えれば済む、
ちょっと考えれば「もういらない」はずのそれらの紙類は、
ひらひらと常にそこらへんにあって、
「我が家の散らかり」の一員となっているのです。
もう済んだ用事のメモなどは線で消しておく、
一枚の紙にいろいろと書かない(全部済むまで捨てられない)
くず箱をあちこちに置く、
それらの工夫で「見た瞬間に判断する」トレーニングしましょう♪

とりあえず、「単品」でひらひらさせずに、
透明ファイルなどにまとめておけば、
見た目はよくなります。
ただ、目が届かななる分、処分も先延ばしになりますが・・・



攻 略 法 /  ワンポイントアドバイス
グリーン周り

そろそろ、戸外の鉢物も家の中に避寒?している
ほっかいどーです。 狭いなあ〜でもなあ、しかたないよなあ〜
グリーンのお手入れグッズや肥料などは、
小さいポケット付きの入れ物に入れてます。
使わないけれど捨てられない鉢・鉢皿は、
コンテナにまとめて物置へ。
ドロで汚れやすい所なので、プチぞうきん(ハギレを縫いつけたもの)を
小カゴにいれて置いてます。
グリーンの枯れた葉っぱは、
まめにとってあげるとグリーンも元気!
プラスチックの鉢が風情ないとお考えなら、
麻ひもを巻いてみたり、
インド綿などのランチョンマットで袋を作って入れたり。
絵心のある人は、油性マーカーでペイントしちゃうテもありますよ〜
チラシで作るアンデルセン編みのカゴも、なかなかよいです。
鉢なども、色やデザインをそろえると、すっきり見えまーす。

土いじりは精神的にもいいですよ。
ペットや植物が元気ならお家も元気です。

すぽっと