ぱぱぱや*おかたづけマガジン私説*おかたづけ学> おかたづけ研究室

  おかたづけ研究室


No.31 おかたづけ社会学概論

おかたづけは、「個」の作業と思われがちですが、
おかたづけを必要とする場が、大勢の人間が関わる場ということが多い、
また、ひとりでするのではなく、各部署連携プレーが要求される。
また、おかたづけ後、いい状態をキープできるかどうかは、
その場で過ごす人の心がけひとつ、みなさんの協力があってこそ〜
これらのことから考えて、おかたづけは、広く社会的観点から考えるべきではないだろうかー
そんなことを考えました。
また、おかたづけの及ぼす影響も、個ーにとどまりません。
家族、友人、同僚、子供の学校、実家、ご近所、地域・・・・
ひいては、“世界”に、あなたのおかたづけの成果は影響を与える!!かもしれない。。。
関わりの最も深いのは、ゴミ問題です。
おかたづけについて考えることは、環境について学ぶことにつながっています。

No.32 モノあまりという時代

時代〜というのは、マチガイですね。
モノが不足して、毎日困っている人も何万人もいます。
この、余っているモノを、うまく回してあげられたらーこんなに世界が狭くなっているのに、
どうしてなんでしょう???
という考察も、し始めたらキリがありません。

モノを捨てる方法についての本が、こんなに売れる国はオカシイと思います。
モノあまりという、前代未聞の現象は、どれだけのお金・エネルギー・労働力を
ムダにしていることでしょう。
モノは、余っているのではなく、「うまく使い回せない」だけです。
世の中に不要な品などない。
だから、捨てるのは最後の手段、「モノを使いまわす」仕組みを考えることこそ、
これから必要になってくると、ぽぽいは思います。

とはいっても、目の前のモノの山は、一度リセットしなくてはなりません。
毛布がなくて、震えている子供たちのことも忘れずに、
でも自分の積み重ねてきた「不始末」を懺悔し
「これからは、厳選したモノで暮らすぞ」という誓いを新たにしましょう。

No.33 「生産と消費」

モノが余るのは、単純に「使うものより多く作る」からです。
使われないものなら、作らなければいい。
でも、「作って」「売る」ことで、生計をたてている人がいる。
「買ってもらう」ことで利益をあげている会社があり、その社員がいる。
「あまり使わないだろうけど、買う気にさせる」こともお仕事となる。
エネルギーも資源もゴミ捨て場も、数に限りがあるとわかった今、
消費行動に頼る社会の仕組みは、対象を「モノ」から「サービス」へとシフトすべきです。
たとえば、車。車は、もうそんなに作らなくてもいいんじゃないかーと思うんです。
修理やメンテに人員を回し、その上で必要な新車のラインに人を残し、
それに伴い、仕事を失う人には、「人の輸送」に関わる仕事を紹介する。
人の移動は、必ずあるのですから。
ただ、ひとりひとりの移動にまで、個別に車を使う必要があるのか。
ガソリンが高くなるのは、もう、仕方がありません。モノがないんですもの。
だから、燃料を大事に使うーみんな一緒になるべく動くようにする。
なかなか実現は難しいかもしれません。わが家も実際、車はひとり一台だし。
でも、考えてはいますよーその方向で。
人間が生きていく上で、こんなにモノを作り、買う必要があるのかー
それを考えませんか。

No.34 「家の変遷」

年末になるたび、思うことですが。
大掃除ーって、年末にしなくちゃならないもの??

新しい年を、すっきりきれいな状態で迎えたいーというのはわかりますが、
「大掃除」って、どちらかというと「一年間できなかった掃除を、やっちゃう」ことと思われています。
台所の換気扇の掃除を、どうして「年末」まで待つのかー台所もフル回転する時期に。。。。
秋にやっとくのって、いけないこと??
昔、畳を上げて叩いたなあ〜今は床のワックスがけ?
なんで、寒い時にやったのかしらー畳の場合はわけがあるのかなあ。
窓拭きだって、暖かい時の方が楽でしょうに。
大掃除が冬、年末だったのは、農家がヒマになるのが冬期間だったから。
だから、一年中、同じペースで暮らす人は、いつやってもいいはずです。
ぽぽいは北海道なので、なおさら、夏に掃除をしておきたいんです〜

家も、大分変わりました。
畳の部屋は少なくなり、土が家の中に持ち込まれることもなくなり、
煙突掃除も不要、木造家は、しょっちゅう修繕しなくてはいけなかったけど、
今はメンテも業者まかせ。
井戸は水道になり、炊事の火元も薪から電気・ガスへ。
マンションという、新しい形の住居も多くなりました。
一軒家とは、しつらえ方が違います。
洋風な暮らしが多くなったら、掃除の仕方も用具も変わってきます。

暮らす顔ぶれも変わりました。
祖父母・父母・子供の三世代大家族から、夫婦と子供の核家族へ。独り暮らしも増えました。
ひとつの家の場合でも、三世代の場合は、顔ぶれが入れ替わる?だけですが、
核家族は、子供が独立した、つれあいが亡くなった、など、暮らし方も変化する。
その都度、家財道具も変わるはずです。
必ず「子供と同居して、最後を迎える」というわけでもないとしたら、
「自分の代での家の始末」も考えなくてはいけない時代ーなのです。

No.35「暮らし方の変化」

家・家族と変化をみてきましたが、ひとりで暮らす、あるいは夫婦で、家族で暮らす場合も
生活スタイルはかなり変わってきました。
一家三世代が一緒に住み、農業・漁業・商売などをすることが多かった昔に比べ、
夫が会社に勤め、妻が家のことをするスタイル、そして夫婦共働き、
自営業だけれど、職場と家が別、夫婦どちらかが単身赴任、
子供たちが成人しても独立しないで親元に暮らす、
お母さん(またはお父さん)だけと子供ーという形、友人同士の共同暮らし、独り暮らし。
暮らすのに必要な家具・電化製品なども、かなり変わりました。
暮らすーという行為はそんなに変わらないのに、どうしてこんなに道具がふえたんでしょうねえ?
なくても暮らせるー最近のぽぽいは、それを実践していますーま、その話はあとにして。
日本のように、こんなに短期間で生活スタイルの変わった国はないんだそうです。
だから、お手本のない対応を、私たちはせまられているんですね。

No.36 「意識の変化」

ここでは、暮らし方やモノに対する意識ーという限定でお話をすすめますが。
世代間の考え方のギャップが、顕著に現れるのが「モノの処分」
「捨てる」ことが「是」か「非」か。
人間は、ある時点で身につけた価値観に基づいて生きていきます。
これを変えることは容易ではないし、よほどのことがないと変わらない。
だから、70代の方に「捨てるのはいいこと」と思っていただくのは難しい。
「捨てるのはしのびないんだけど、仕方ないの」と納得していただくしかない。
そして、捨てることでチクチクいたんでいるに違いない、 その方の「良心」にも思いをかけてあげてください。
ぽぽいの両親は、 戦中戦後、モノのない時代に育ち、
その後の高度成長で、一気にパラダイスを経験した世代です。
母たちにとって、モノのない不安が解消されるーこれは何物にもかえがたい「安心」なのです。
だから、「こんなにストックしておかなくても大丈夫よ」と言ってもだめなんです。
せめて、ちゃんと置き場所を考えてあげなくてはーね。

そんな親に育てられた私の年代(40代)は、なにかにつけて「もったいない」と 思ってしまい、
捨てられないー捨てることへの罪悪感が常にある。
にも関わらず、「こんなにモノはいるの?」「モノがあることが幸せなの?」と
気づきはじめた世代かもしれません。
だから、20代のワカモノが、あまりにもぽんぽんモノを捨てたりするのに、びっくりもし、
執着ないんだなあ〜なんて感心もしたりするんです。

でも、どの世代でも、
「今、自分のまわりを取り囲んでいるモノとの付き合い方を考える」ことは大事なことです。
その結果、ストック品が大量にあったり、修理待ちのガラクタが残ってたり、
調理道具のぜんぜんないキッチンであっても、その人それぞれ。
自分にとっての「気持ちいい空間」であればそれでよしーそう思います。

No.37 「労働の変化」

産業の分類によれば、昔は農業・漁業などの「一次産業」に従事する人が多かったのですが、
特に戦後は、二次産業〜加工・製造・建設などに携わる人が増えました。
そして、高度成長を経て、モノがゆきわたりつつある現代、
サービス業などの三次産業に関わる人が増えています。
労働は、それによって対価が支払われ、そのお金で生計を立てる。
社会にとって、不必要な労働には対価は支払われない。
時代によって主要産業が変わるのも仕方のないことだとしたら、
今している仕事で、一生食べていけると思うのはマチガイかもしれない。
ぽぽいは、楽器の演奏という、とてもやくざな仕事なので、
いつまでこれでいけるかわからない毎日です。
社会に貢献しているのか?なんて考えたりもしますが。。。

最近、インターネットで思うことなんですが、ネットの世界では、「対価」の考え方が
とてもフレキシブルなんです。
知識も時間もエネルギーもかけて作り上げたプログラムが、無料で配布されていたりする。
私なら、お金欲しいよなあ〜と思うのだけど、それはその人の考え方。
「多くの人に使ってもらえてうれしい」
でも、それって、もしかして、モノ作りの原点であって、
すぐに対価と結びつけることが、消費に頼りきった社会を作ったのかもしれません。
実際の社会の仕組みは、私たちひとりひとりの「思い」とはかけはなれたところで
一部の人間の思惑で動くことが多い。
ネットは、そういう意味で、個から集団へ、集団から個へのフィードバックの可能性が無限。
ここに新しい「お仕事」が成り立てば、モノ作りと流通という「実業」からあぶれた人の
能力を活かせる場が、また生まれるのかもしれません。

No.38 「モノの寿命」

ここまで、いろいろな現代社会の仕組みの「いびつさ」を検証してきましたが、
仕組みが大掛かりになればなるほど、「転換」が難しい。
ズレが大きいなーと思うのが「モノの販売サイクル」
新製品を次々出して、売らなくては会社がつぶれるーのはわかるけど、
たいてい、前に買ったモノはまだまだ使える。
使えるのにまた買うのは、いくら新機能がついていても・・・・という風潮になってくると、
今度は「壊れやすい」ものが増えていく。
修理して使い続けることも難しい(部品や技術的な面で)
人が一生のうち、買わなくてはならないモノはどのくらいあるのだろう。
たとえば、冷蔵庫ーぽぽい家のものは、17年選手ですー結婚した時に買いました。まだ現役。
おそらく、電気代はかかるタイプだと思うけど。
冷蔵庫が登場したのは、ぽぽいの小さい時で、わが家はデンキ屋さんだったから、早くから使っていました。
でも、買い換えてたかなあ〜子供の頃、結婚してから、そして、この先もう一回は買うかな〜3台か。

会社の販売戦略はさておいて、プラスチックが登場し、次々と新素材が出てきた今、
洋服は破れないし、モノは破損しない、土に埋めても自然に還らないー
ほんとうに、モノの寿命は長くなりました。

長くなった寿命に合わせた、モノとのお付き合い、考えましょう。

No.39 「価値観」

世の中に、コレクターという人種は多々おります。
ぽぽいの友人に、ガンダムオタクの男がいるんですが、
先日、実家で見つけた「リボンシトロンガンダムグラス」もう、数十年前の販促品。
箱も汚いし、捨てようかなーと思い、「待てよ」ーきいた彼は、大喜び。
そう、モノは「わたしにとって」不要でも、「誰かにとって」必要なんです。
壊れて修理不能じゃない限り、使い回しを考えましょう。

モノをたくさん持つことが幸せかーに関しては、なんだか「そうじゃないぞ」と言ってばかりいる
ぽぽいですが、そんなことはないです。
「家中、いろんなモノに囲まれて暮らしたい」というのも、ひとつの価値観。
ぽぽいは、たまたま「シンプル指向」なだけなんです。
だから、他人に「こんなもの置いておくの?」と思われるモノであっても、
その人にとってあって欲しいのなら、それは「必要なモノ」
アタリマエですが。

おかたづけで目指すのは、「自分が不要と思うモノがあふれている」空間をなんとかすることです。
だから、量じゃないんですね。
捨てましょう、量を決めましょう〜というのも、「必要だと思う」モノの量です。絶対量じゃない。

複数の人間が暮らす時に、難しいのはそこの折り合いです。
大事なのは「ひとりひとりが違う価値観をもっている」と認め合うこと。
どうしても他人の価値観を受け入れられないのなら、1人で暮らすしかありません。

No.40 「ライフスタイル」

上にも書いたとおり、ぽぽいはシンプルな暮らしを目指しています。
なるべく、自分の手足を動かし、自分の手の届く範囲でモノを作り、
自分の手に負える量のモノで暮らしていきたいんです。
人生の折り返し点も過ぎたし、子供もいないので、今の持ち物は私の代限りだし。。。。

ライフスタイルーなんて意識するヒマもなく、生きてきましたけど、
演奏の仕事を始めてなおさら、「生き方」は、いろんな場面で人に伝わるんだーと実感しています。
そう、楽器の演奏って、もろに暮らし方が出ます。
粗雑な暮らしをしていたら、粗い演奏になるし、
ネガティブな気持ちで演奏したら、聴いている人は気持ちよくない。
人と話しても 、仕事をしても、遊んでも、きっと生き方・暮らし方は出ていると思う。
どんなスタイルで暮らすかーインテリアやファッションだけじゃなく、モノや行動の選択の場面で
「何を大事にし、何に心をくだき、何を基準に選ぶのか」
これが確立しているひとは、具体的に何をしている人であっても、素敵だなーって思うのです。

← back